上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夜、また電気がとまりました。

今度は自分は何もいじってません。ただ食器洗ってました。

今度は建物全体。全フロア、全住戸。共用部も。

blackout1


ミラノの生活、おもしろすぎます。
自分一人だけ他人事のように笑っていて、
他のルームメイトは結構真剣に困ってました。

停電が建物全体とあっては僕らには何もできないので、
非常灯の元で勉強を続ける人あり、
真っ暗闇の中で果敢にシャワーを浴び初める人あり
飲みに出かける人あり、という感じ。

30分くらいしたところで非常灯も消えて
本当に真っ暗になったあたりで
前の住人が部屋に残していったロウソクの存在を思い出し、
勉強中のルイージにいくつかあげて、
自分も部屋に一つだけ灯して、しばらく考え事をして、んで寝ました。
10時半就寝で、平日なのに9時間睡眠です。笑

blackout2


blackout3


何時間後かに電気がついたらしくて、
イタリア人の「ヒャッホーーー」な声が聞こえてきました。笑

電気のある喜び、って都会にいると普通は感じないものですよね。
去年の夏に四川省大地震の復興プロジェクトで行った成都での生活は
かなり原初的だと思ったけど、電気はあったもんね。
コンゴに行けていたらもっとこの類いのことを考えさせられたのだろうなー。羨ましい。

blackout4


今日、事務所でこのことを話したら
秘書のマンションでも同じ時間帯に10分くらい停電があったらしい。
停電ってこっちでは日常なのかな。笑
スポンサーサイト
やってしまった・・・

というか、やられた・・・

先週末の土曜日と日曜日の間のどこかで
サマータイムが終わったのだけど、
トリノで現地の友達とテレビの時計を確認して
みんなでケータイの時刻を直したりしていたのだけど、
アラームに使っている日本の携帯電話の時間を直し忘れ、
今日、しっかりと1時間前に起き、
しっかりと8時前に事務所につき、
インターフォンを何度か鳴らして無反応なところで
時計の短針の位置がおかしいことに気付いた……。

せっかく日曜朝に1時間余計に寝られて喜んでいたのに、
こんなカタチで勝ち分を失うとは・・・

まぁ1時間カフェでのんびーーーーーりと
カプチーノとブリオッシュ飲みながら、
人間観察をするのも良い時間だった、うん。損してない。

時計直しました。明日もシャキっと起きてがんばります。
タイトルはvery Italian dayのつもり。正しいかわからんです。

今日はとってもイタリアンな一日でした。

毎朝いろんなカフェでクロワッサンを1つを買って
それとバナナを歩きながら食べるのが今までの出勤風景でしたが、
ヨーロッパ滞在があとちょうど1ヶ月だったので
これからの日々をまた新しいものにしたくて、
いつもより少し早起きして事務所に行く前に
カフェに寄ってカプチーノを飲んでから出勤しました。

昨日から急に寒く(日中で16,7℃くらい)なったので
体も温まって、頭もシャキっとして
良い気分で仕事ができました。
明日からできるだけ毎日これやろうと思います。


んで事務所では、いつも通りに
新しいことをたくさん考えさせられる濃い時間を過ごし、
晩ご飯は、こっちでお世話になっているご家族のお宅にお邪魔して
白米とブリの西京漬と味噌汁(これめっちゃ日本食ですね汗)をいただきました。


その帰り道が本当にイタリア的でした。ちょっと思い出したくないほど。。


広場でトラムを待つ。

ダイヤに載ってる時間になっても来ない。

一緒に待ってた男性が立ち去る。

(待ってればいいのに)と思いつつ、待つ。来ない。

イタリアでは運転手の気分でダイヤを飛ばされるって
聞いてたけど、信じて待つ。来ない。

次に来るはずの時間にも来ない。寒い。

一緒に待ってたグループ立ち去る。自分待つ。来ない。

あきらめて環状線を回ってるバスで帰ることにする。遠回りだけど。

ダイヤに載ってる時間になっても、バス、来ない。寒さで震える。

バス停で待ってる男性が最初に一緒にトラムを待っていた男性だと気づく。

ここらへんで合計待ち時間1時間。お互い苦労してます。

その次に来るはずの時間になっても来ない。寒い。

来ない。そろそろ眠い。

しばらくして、来た。


もうね!さすがにイラっとした!

5分間隔運行のトラムを10分待たされるのとかは日常だけど、
Veronaに行った時は帰りのEurostarが1時間遅れたし、
隣のホームにとまってたRegionale(鈍行)のMilano行きは3時間以上
ホームにとまったままって表示されてた。
イタリアの公共交通、ここまで適当で大丈夫なのか、って思う。

日本では事故とか自然災害とかで電車が遅延すると
「今回の遅延による経済損失は・・・」とかニュースになるけど、
今日のは運転手のサボりですよ。(たぶん)
きっと早く帰りたい特別な事情があったのだろうと信じます。


で、バス停からテンション低いまま歩いて帰って、
暖かい気分になりたくて牛乳を暖めて(レンジはないから鍋で笑)飲もうと思って
リビングルームの照明のスイッチを押したら

「パンッ」

って小さな破裂音だけして、電気はつかず、
代わりに非常時用の誘導用ライトが灯った。

おろおろしてたら
部屋で起きてたルームメイト達が出てきて、
「またかー」って顔してブレーカーを調べ始めるが
全部ONになってるらしい。
建物全体やフロア全体の異常かもしれないってことになって
何人か部屋を出て回りを見渡すけど、アパートの共用部の電気はついてる。

その間、最年長(たぶん)ブラジル人はブレーカーをいじってて、
こういうときに頼りになるはずの消防士のイタリア人は
ブラジル人の女の子とおしゃべりながらニヤニヤしてて、
イタ語の会話がわからない自分はただオロオロ。

結局、周囲の視察から帰ってきたもう一人のブラジル人が
ブレーカーと別の場所をいじってたら電気が復活したので、
みんなでヒーロー扱い。今度彼にビール奢ることになりました。笑

その間、消防士さんは便所行ってた。

何が原因だったのか結局よくわからずなので、
しばらくスイッチいじるたびにビクビクしそう。

(この消防士さんはすっごい良いやつなんですよ。もちろん。)



ホント、イタリアは面白い国です。深い。且つ、わかりやすい。



明日は事務所のスタッフにフットサルに誘われたので、蹴ってきます。
これも極めてイタリア的体験。
みんなうまいんだろうなー。がたいいいんだろうなー。ふっとばされるなー。
いつもの諭吉ジャージで、運動不足っぷり見せつけてきます。

けど、メンバーが足りるかどうか、まだわからないらしい。
足りなかったらお流れだそうで。これもイタリア的か。
(ホントは今日もインターン仲間にフットサル誘われてたのだけど、
それもメンバー不足で当日になって企画が流れたとこ笑)


いつもにも増して内容のうっすい記事ですみませんですが、
良しと悪しの極端なイタリア体験がいくつか続いたので、
勢いで書いてしまいました。あと1ヶ月、がんばります。
急な報告になってしまいますが、
今日から約3ヶ月、イタリアに行ってまいります。

前半3週間ほどはMITのワークショップでVeneto州内をうろうろし、
その後2ヶ月間はミラノの細江勲夫さんの事務所で
インターンをさせていただけることになりました。
週末などにいろいろ旅もできそうです。

急に決めたので友達と会ったりもあまりできず、
イタリア語も少ししか勉強できず、
ミラノの家もまだ決まっておらず、とドタバタしてますが、
3ヶ月はアッというまだと思うので、
みっちり刺激を受けてたくさん吸収して帰ってこられるよう頑張ります。

落ち着いたら写真とかアップしていきますので、
たまに覗きにきて下さーい。

11月14日に帰ります。
北イタリアにお越しの際には是非ご連絡をお願いします。

では!チャオ!

ブログ始めました。

やろうやろう、と思いつつ中々動き出さなかったわけですが、
自分の人生が新しいフェーズに移ろうとしているところなので
新しい道を進むのに新しい相棒を用意しようかと。
SFC生活を3年以上支えてくれた旧相棒(=愛車)も手放しちゃったしね。

タイトルの「じゆうちょう」は、3年前までやっていた
exiteのブログと同じタイトルなのですが、
今の自分の興味のルーツを表せていると思っているので、使い回します。
ジャポニカ学習帳のじゆうちょう。みなさんも使っていたのでは?
小学校の6年間で何十冊を消費したか覚えてないけど、
まぎれもなく「相棒」と呼べる頻度で開いていた記憶があります。

そんなわけで、この新しい相棒も
建築のこと、デザインのこと、茶道のこと、読んだ本のこと、とにかく何でも
思ったことをじゆうに記していく場にしたいと考えています。
できるだけ長く続けていこうと思っていますので、よろしくお願いします。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。