上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末はVeronaに行ってきました。


pizze

Arenaでやってるライブの音と光と熱狂が漏れだしてて
おこぼれをもらいにたくさんの人がArenaの周りに集まってだべってる。

ただの遺跡や観光スポットとして残っているんじゃなくて、
今もまだ頻繁にオペラやコンサートに使われてるってのがすごい。

日常/非日常、市民/観光者、現代の音や光/2000年前の遺跡が
街のど真ん中で違和感なく溶け合ってるすごーく不思議な風景。


pizze

街の北半分くらいを使ってギリシャ文化を伝えるイベントをやってた。
広場や街路や建物内のいろんな場所で
展示やらステージやら飲食やらアトラクションやら、とにかくいろいろ。

この写真は、
いかにカッコ良く箱を使ったアクションができるか、みたいな
競技(?)をしているところ。ギリシャとの関係は不明。笑
youtubeで建物の屋上とか屋根とかを跳ね回る人の動画を見たことがあるけど、
それみたいなものかねぇ。
若者からおっさんまで、とにかく飛び跳ねてました。


pizze

・・・。


pizze

スカルパもしっかりね。Banca Popolare di Verona。


pizze

スカルパその2。Museo di Castelvecchio。


スカルパについては書き始めるととまらなくなりそうだけど、少しだけ。

Castelvecchioは想像以上の傑作。

Bancaはファサードのみ。
けど、ファサードだけなのに、
自分の中での解釈の多様さとその不確実さに驚かされる。

特に、いままで見て来たスカルパ作品の中での
立地(Venezia, Altivole, Monselice, Verona)や
プログラム(門、墓:新築、ギャラリー:改修、美術館:改修、銀行:増築)とかの
プロジェクトの与件による「相違点」と
同一人物が設計していることによる「共通点」との関係性を考えていると
頭の中がぐるぐるしてとまらなくなる。

なんてこと書きながら、
ミリグラムスタジオの内海さんが環境Aのレクチャーで
「建築は個々のプロジェクトの外的な要因と設計者の内向的な思いの間で生まれるんだと思う」
というようなことを言っていて、3年生だった当時
なんだか妙に感動して深く考えさせられたのを思い出しました。
自分はTAとして授業に参加していたけども
このレクチャーは設計を始めたばかりの人に向けてのものだったわけで、
今考えると、なんて当たり前のことなんだー、とも思ってしまいますが、
けども、これが今の自分にとってすごく大事なフレーズだなと感じます。

内向したときにある何か、ってのを育てなきゃならんのです。

スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。