上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Veneziaに2泊してきました。

イタリアでの3ヶ月がVeneziaで始まったから、最後もVenezia。
ベタだけど、行って良かった。ホント。

2泊目はVicenzaにしようと思っていたけど、
いそいそとPalladioを見て回る気分にはならず、延泊。

2日とも、日中は街をぶらぶらして、夜はCampo S.Margheritaのピザ屋で
ピザを2ピース食べて、そのままマルコのバーでプロセッコとかスプリッツ飲みながら
考え事をして、サッカーを見て、考え事をして、ホステルに帰る。

VenetoExperienceでの日々と同じような過ごし方だけど、
たくさんの変わらないものと変わっていたものを見つけながら
のんびりとした時間の中で自分のこともいろんな角度から観察しなおせた。


すでに冬(たぶん10℃前後)の寒さだったし、
ずーっと雨or強風強雨だったし、
潮位が高くてサンマルコ広場とかフツーに水に浸かってるし、
街の風景は前回とは根本的に異なっていた。

けどそれがVeneziaについての考えを深めるのを大きく助けてくれて、
新しい体験ができたってだけじゃないラッキーな天候だった。


sanmarco_1


quelinistampalia_1


pastore_1


sanmarco_2


新しく見たモノはビエンナーレと墓地くらいかな。

現代アートはやはりわからん。けども気になったのは
「世界を構築する」というテーマに対する解答が
なんでみんなこんなに暗くて内向きな作品なんだろうか。
世界を元気づける気ナシ。雨強かったし、気分も落ちるわ。

スペインパビリオンの絵は嫌いじゃなかった。
内容は好きくないけど、手法が興味深かった。不思議な抽象度。
離れて全体像を眺めることと、近づいて一筆一筆を観察することと、
いろんな位置に立って作品を味わえる。
部分部分は主張はしてないけども
そのすべてのタッチがたしかに絵に参加している感じ。
共感できる建築家の作品を体験している感覚に似てた。

スヴェレ・フェーンのパビリオンは素晴らしかった。
自分の「かっこいい」という評価軸の最高到達点のかなり近くにいるかもしれない。
北欧人がこういう「気密性が低くてもいい空間」を与件として
こんなに暖かみのある優しい空間を設計できたのが興味深い。
来場者の滞在時間もすごく長かったと思う。


biennale_1


デイヴィット・チッパーフィールドの墓地もまたかっこよかったけど、
この作品は慎重に評価する必要があると思った。
ジョン・ポーソンとかチッパーフィールドとかの
ミニマリストの作品は作品集を見ていると文句なしにかっこいい。好き。
けど、それがプロジェクトのコンテクストからの情報を
そぎ落として作られた形態なのか、もしくは
読み取った情報が建築に深みを与えられているのかは
体験しないとわからないと怪しんでいたから、
今回のチッパーフィールド初体験は期待していたけども、
より疑問が深まる感じで消化不良。


cimitero_1


最後はマルコに挨拶した。
つたないなんてもんじゃないイタ語でがんばって話しかけたら
しっかり英語ができる人物だった。笑
次に行った時も覚えててくれるかもしれない。
顔と名前がわかる人がいる街は特別な場所になるんだと今回のイタリア滞在で思った。
お金と時間をかければ旅はできるけど、
そこが特別な場所になるかどうかは縁と、意識かな。

最後に良い密度の良い旅ができた。


sanmarco_3


iuav_1


明日でこの部屋を出て、ミラノの友人(ミラノの両親)宅泊。
明後日はメンドリジオの先輩宅泊。
12日はバーデンの友人(スイスの両親)宅泊。
何も起きなければ、13日にチューリッヒを発って、14日朝にはもう日本。

何か起きて飛べなかったら、、、スイスにいると不法滞在になっちゃうから、
オーストリアに逃げようか。それ、いいね。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。